いくら包めばいいの?ご祝儀の相場ってどのくらい?

新郎新婦の友人である場合

結婚式のご祝儀って、いくら包めばよいのかいつも悩むものですよね。もちろん、新郎新婦との関係性にもよりますが、友人である場合だいたい2万円から3万円くらいが相場ですね。一昔前までは、2という数字が割り切れてしまうということで縁起が悪いと言われてきましたが、最近では、「2人の幸せ」とか、カップルということを意味する数字として、必ずしも忌避されない数字になってきています。一万円札を2枚というのはちょっと、という人は五千円札2枚と一万円札1枚などにしてみると良いでしょう。

新郎新婦が親族である時は

新郎新婦の親族という立場で結婚式に参加する場合は、2万円や3万円というのは少し少ないと考えられるでしょう。親族間のしきたりや申し送りがある場合も多いので、あらかじめ確認してから包むようにすると心配も少なく済みます。目安としては、出席する家族の人数にもよりますが、3万円から10万円くらいが相場であるようです。夫婦で招待されたというような場合には、5万円から10万円ほど包んであげるというのが一般的なようです。

欠席する場合のご祝儀は

欠席するからと言って、ご祝儀を包まなくても良いということではありませんよね。まして出席という返事を出していたのにもかかわらず欠席しないといけなくなってしまったというような場合には、なおのことご祝儀を包んで揚げるべきです。結婚式当日に出席できないということが分かった場合は、出席するときと同じ額を包んであげるいうのがマナーです。少し前に欠席ということが判明した時は、3分の1から2くらいのご祝儀を包んであげるのが良いでしょう。

美味しい食事を用意して、来てくれた人に喜んでもらいたいならば、神戸の結婚式場で探すと素晴らしいウエディングができます。