結婚式が低予算化している理由とはどこにあるのか

派手な結婚式は過去のもの?

昔の結婚式のイメージと言えば、挙式を家族や友人を呼んで行った後に会社の上司や同僚、新郎新婦の友人や親せきなど、挙式に詠んだ人よりもよりたくさんの人々を招待して、豪華でお金のかかった式を挙げるというものでした。花嫁さんのドレスは、真っ白なウエディングドレス以外にも、お色直し用の鮮やかなドレスに着替えたり、招待客を飽きさせない要素もたくさん盛り込まれていました。しかし、現在では挙式や披露宴にかける予算は少なくなる傾向にあるとされています。

低予算化の背景にはお金がある

それでは、低予算化している背景にはどのようなことがあるのでしょうか。その理由は社会的なものと、それ以外のものに分けられます。不景気で収入が少なくなると、結婚費用にかけるお金が多いとそれだけ経済的な負担となりますし、格安プランがあればそちらを申し込んで安く済ませたいと思ってしまいがちです。また、結婚式や披露宴にお金をかけるよりは、結婚した後の生活にお金を回したいと考えるカップルも少なくありません。新居費用や、出産や育児にかかるお金を確保したいという考え方もあるのです。

経済状況よりも切実な理由とは

経済的な理由の他に、もう一つの大きな理由としては結婚式や披露宴の準備のわずらわしさ、親戚付き合いの面倒さなどがあります。都市圏より地方の方がよりこの傾向が強く出ています。確かに田舎の方が結婚式は派手だと昔から言われていますし、親戚一同が集まることが多いと言われています。この大規模な結婚式に親族として参加したり、準備を手伝ったりした時に大変さを痛感し、自分や自分の子供には同じことをさせたくないと感じてしまうことが意外と多いのです。経済的な理由よりは親戚間の関係も関わっているのでこちらの方が理由としては重いかもしれませんね。

結婚式場を神奈川で探しているなら、いろいろな情報を見るといいです。インターネットのものやフリーペーパーのようなものまでたくさんの情報があります。