Monthly Archives: 6月 2015

結婚式が低予算化している理由とはどこにあるのか

派手な結婚式は過去のもの?昔の結婚式のイメージと言えば、挙式を家族や友人を呼んで行った後に会社の上司や同僚、新郎新婦の友人や親せきなど、挙式に詠んだ人よりもよりたくさんの人々を招待して、豪華でお金のかかった式を挙げるというものでした。花嫁さんのドレスは、真っ白なウエディングドレス以外にも、お色直し用の鮮やかなドレスに着替えたり、招待客を飽きさせない要素もたくさん盛り込まれていました。しかし、現在

いくら包めばいいの?ご祝儀の相場ってどのくらい?

新郎新婦の友人である場合結婚式のご祝儀って、いくら包めばよいのかいつも悩むものですよね。もちろん、新郎新婦との関係性にもよりますが、友人である場合だいたい2万円から3万円くらいが相場ですね。一昔前までは、2という数字が割り切れてしまうということで縁起が悪いと言われてきましたが、最近では、「2人の幸せ」とか、カップルということを意味する数字として、必ずしも忌避されない数字になってきています。一万円

一生つける結婚指輪!その性質に求めること3選

ずっとつけるものだからこそ大切なデザイン結婚指輪は夫婦の誓いを表すものであり、互いにつながり合っているということを確かめ合うという考え方からも大切なアイテムです。一生を共にするからこそ、結婚指輪もまた一生身につけていくものというのが通常の考え方でしょう。そのため、どんな年齢になっても恥ずかしがらずにつけられるデザインであるということが求められます。派手に宝石がちりばめられた物よりもシンプルな物が