給湯器が故障して交換をする場合はどうしたらいい?

意外に大事な給湯器の役割とは

給湯器は、お風呂やキッチンの蛇口からお湯を出すために必要な物です。特に冬場のお風呂を温めるべく大いに活躍するのです。このように生活の中に温もりを与えてくれる給湯器ですが、15年を過ぎたあたりから故障することが多くなります。ただし、定期的にメンテナンスをすることで、故障を回避することができます。故障の合図は、追い炊きができない時や温度が安定しない場合、また小さい爆発音があるなど異音がする場合があります。

どのような種類があるか

給湯器は、色々なサイズがあります。そのスペックの違いは、号数で分かれています。たとえば、16号、20号、24号といった感じです。この数字は水温25度のお湯を1分間に何リットル出すかによって決まってきます。一人暮らしの場合は16号で十分ですし、2,3人家族であれば20号がちょうどいいでしょう。4人家族以上になると24号がちょうどよいサイズになります。ただし、マンションの場合は管理規約によって給湯器のスペックを上げることができない場合がありますので注意が必要です。

その費用はどれくらいなのか

では、その費用はどれくらいでしょうか。給湯器の号数によって当然その費用も異なります。給湯器の交換をする場合に業者に交換してもらうとこを考えると、工事費で大体2~3万円ぐらいかかります。本体価格は16号で5万円ぐらい、20号で6~7万円ぐらい、24号で8万円~ぐらいが相場になります。さらに壁に付いているリモコンの費用は1~2万円ですので、合計すると16号で11万円程度、20号で12~13万円程度、24号で14万円ぐらいになるのです。

給湯器の相模原では戸建てやマンションなど設置する場所に合わせて色々なタイプを取り扱っているので最適なものが選べます。