害虫とはどのような虫?代表的な害虫を知ろう

どこにでもいる害虫といえば

害虫とは名前の通り、害を与える虫の事を言います。虫というと田舎に多いイメージがありますが、都会でも害虫は沢山いるのですよ。都会でも日常的に見かける害虫と言えばやはりゴキブリですよね。ゴキブリは種類によって小さい物から大きなものまで様々います。動きが速いだけでなく飛ぶこともできるため退治するのに苦労している人も多いでしょう。ゴキブリは約3億年前から生き続けていると言われているので、どのような環境でも生き延びてしまうのですね。

身体中が痒いと思ったら

害虫の中には人間やペットなどに悪さをする種類もいます。例えばダニです。ダニはどこにでも発生しやすくゴミや毛、ペットや人間などの血液をエサにしています。なんだか身体が痒いと感じたらダニに刺されてしまった可能性も高いのです。ダニに刺されると1週間ほど痒さが続いてしまうと言われているのですよ。ダニは布団やカーペット、クッションなどに発生しやすいので定期的に洗えるものは洗って、洗えない物は干すなどして対応しましょう。

夏に多い害虫と言えば

夏の害虫と言えば蚊を思い浮かべる人も多いでしょう。寝ている時に耳元でプーンと音がすると気になって眠れないですよね。刺されてしまうと痒みが出て腫れてしまい、掻いてしまうと痕が残ってしまう事もあります。最近ではデング熱などの問題もあるためしっかりと蚊の対策を行うと安心です。蚊を予防したり退治してくれる商品はとても沢山あります。ちょっと散歩するだけだから大丈夫と考えずに、外に出る際には蚊を寄せ付けないスプレーなどを利用しましょう。

シロアリ駆除を依頼するなら、無料で診断・見積もりを行って下さるところが安心です。シロアリに家を食べられる前に検討しましょう。